banner

シミの原因

シミは皮膚の下にあるメラニン色素が沈着することにより起こります。そして、このメラニン色素の沈着の原因にはいろいろありますが、主にホルモンバランスの変化、肌荒れ、紫外線、老化などとされています。この中でも特に紫外線を浴びることを原因とする場合が多いのです。人間は紫外線を浴びるとその部位の表皮細胞からメラニンを生成しているところへ伝達されます。この人体の中でメラニンを生成している工場のようなところをメラニサイトと言い、ここへ向けて情報伝達物質が送られるという仕組みになっています。この連絡がくるとチロシナーゼという酵素からメラニンが生成されるわけです。この一連の働きにより有害な紫外線が肌に侵入しないようにするのです。そして、人間の肌の組織にはターンオーバーという働きがあり28日周期で生まれ変わっていきます。通常であれば肌でできたメラニン色素も数ヶ月経過すれば、古い細胞とともに体外へ排出されていくのです。ところが、年齢とおもに新陳代謝は低下してくると、メラニン色素が体外へ排出されずに皮下へ沈着してしまいます。これがシミの正体なのです。
若いころなら気にならなかった紫外線も年齢とともにシミの原因となるので、しっかりと紫外線対策をしていないと10年後に大きな差が出てきます。シミができる前に普段からしっかりと予防しておくことが大切です。

注目記事

banner
なぜ美白化粧品が出てきたのか

記事を見る

banner
シミの原因

記事を見る

banner
美白のためのケアとは

記事を見る

Copyright(c) 美白化粧品で美白効果を体感しよう. All Rights Reserved.